Q
どんな分野の酸化マグネシアを使用することができますか?
A

酸化マグネシウムの年間国内生産量は約1200万トンです。

酸化マグネシウムの主な用途の1つは、難燃剤、従来の難燃性材料、ハロゲン含有ポリマーの難燃性混合物、またはハロゲン含有難燃剤としてである。しかし、火災が発生した場合、大量の煙と有毒な腐食性ガスが熱分解と燃焼のために発生し、それが消火や人員の避難や器具や機器の腐食を妨げています。特に、火災による致命的な事故の80%以上が、材料から発生する重い煙と有毒ガスによって引き起こされていることがわかっています。したがって、難燃性効率に加えて、低発煙性および低毒性もまた難燃剤の必須の指標である。中国の難燃産業の発展は極めて不均衡であり、塩素ベースの難燃剤の割合はより重いです。それはすべての難燃剤の最初のものであり、そして塩素化パラフィンは独占的な立場を持っている。しかし、塩素ベースの難燃剤は、作用すると有毒ガスを放出します。これは、無害で効率的な現代生活の追求とはほど遠いものです。したがって、世界の難燃剤の低煙、低毒性および無公害の開発動向に従うためには、酸化マグネシウム難燃剤の開発、製造および適用が不可欠である。

次へ:なぜあなたの硫酸マグネシウムは価格上有利なのですか?